離婚問題は弁護士に相談|色々なトラブルに必ず見舞われます

女性

トラブルを解消

スーツ

人間は、本音と建前を使い分けて生活をしています。人には色々な性格があります。常に歯に衣着せぬ物言いをする人もいれば、すべて作り話で固めるような人もいます。しかし、そうした性格は一つの個性です。どれがいい、悪いということはないですが、ことトラブルの交渉に関しては性格の違いがネックになるケースもあるかもしれません。さて、離婚や相続は、交渉が難しいことが多いです。なぜかというと、お互いに本音を言わなかったり、本筋とまったく違うところでもめていたりするケースもあるからです。なぜ、本当に話したいことからどんどん遠のいてしまうのでしょう。それは、お互いが本音で話し合っていないからです。ただ、すべて本音を言い合って生活していたら、とてもではないけど身が持ちません。建前というのは時に思いやりでもありますが、使いどころを気をつけないと、それが原因で不利な交渉に持っていかれる可能性もあるのです。例えば、離婚の場合には養育費をいくらにするかという問題もあります。できるだけ多くもらいたい方と、できるだけ払いたくない方にわかれるはずです。また、相続の時にもお金の話がからみます。この場合、できるだけ多くもらいたいという意見のぶつかり合いですから、トラブルになることは避けられません。親しい間柄では、時に論争が激しくなることもあります。
話し合いに何時間もかかってしまうこともあるでしょう。早めに解決したい時には弁護士のサポートを受けるといいでしょう。