離婚問題は弁護士に相談|色々なトラブルに必ず見舞われます

女性

回避する

弁護士

トラブルに見舞われる可能性は誰にでもあります。トラブルの大小や回数に関わらず、遭う時は遭うというのがトラブルの特徴です。
それは、内的要因が原因の場合もあれば、外的要因が原因となる場合もあります。いずれにしても、トラブルは突然起こるものです。ついさっきまでは、あんなに笑っていたのにと思うことだって、この先きっとあるのではないでしょうか。考えたくないことかもしれませんが、何も考えていないと後で対応に追われることもあります。さて、用心深い方であれば、色々なトラブルが起こった時のことについて考えたことがあるでしょう。不安に思ったことを調べたり、詳しい知識をつけたりするのはとてもいいことです。しかし、残念なことに、トラブルというのはやはりトラブルです。多くの場合、それが起こる前に心配していたことと、実際に問題が起きてから困ったことはまったく違うものです。
では、ここで離婚の話を例にとってみます。離婚は、結婚をした瞬間から、誰にでも起こる可能性を秘めているものです。生と死が隣り合わせのように、結婚と離婚もやはり隣り合わせのものなのです。そして、「もしも自分が離婚をしたら?」という場合について考えてみて下さい。そうすると、おそらく多くの人は親権や養育費の問題を真っ先に考えるのではないでしょうか。しかし、現実はこうです。そもそも、離婚ができるのかどうか?というところから考えないといけません。だからこそ、弁護士に相談するといいのです。